今の家庭教師にまつわる嘘と本当

実際に関わっていたり、家庭教師として働いてみないと解らないことを紹介出来ればなと。

悩んでいる様子の女性の家庭教師

選び方のお話

家庭教師の上手な選び方ってあるの?

投稿日:

家庭教師の教え方を見ることで自分の子供に合った教師を選ぶことができます

家庭教師を上手に選びたいならその教師の教え方を見ましょう

子供につける家庭教師を選ぶ時、この人は一流国立大学の学生だからいい、この人は一流大学の学生でないからだめ、と経歴だけを見て判断する人がいます。

これは、家庭教師を選ぶ時に一番やってはいけないことです。なぜなら、経歴が子供に勉強を教えてくれるわけではないからです。

少し考えれば分かることですが、自分が勉強するのと人に勉強を教えるのはまったく違います。なので、簡単なことを子供に教えることができない一流大学の学生はたくさんいますし、逆に、物事を教えることがうまい二流大学の学生もいます。

このように、肝心なのは家庭教師の経歴ではなく、その家庭教師がどのように子供に勉強を教えてくれるかという点なので、
家庭教師を選ぶ時は、その家庭教師がどんなことをどういうやり方で教えてくれるのか、ということをしっかり見ておきましょう。

そうすれば、子供にどの家庭教師をつければいいのか、それがわかるでしょう。

優秀な家庭教師であるほどコストがかかります

家庭教師には、大きく分けて2つのタイプがあります。それは学生の家庭教師とプロの家庭教師です。このうち、プロの家庭教師のほうが学生の家庭教師より教え方がうまいことは確かですが、その分コストがかかります。

家庭教師には、マンツーマンで教えてもらえるというメリットがありますが、マンツーマンで教えてもらえるということは、その人を雇う人件費を負担しなければいけないということなので、その家庭教師が優秀であればあるほど、コストが高くつくわけです。

これを避けたいなら、コストの安い学生アルバイトを家庭教師にするというのも手です。一流大学の学生を雇う場合、それなりにお金を払わないといけませんが、それでも、プロの家庭教師を雇うよりもだいぶ安く雇うことができますので、優秀なプロの家庭教師を雇うほどの余裕がないなら、かわりに学生のアルバイト教師を雇ったほうがいいでしょう。

-選び方のお話

Copyright© 今の家庭教師にまつわる嘘と本当 , 2017 All Rights Reserved.